料金とバスタイプで選ぼう

バス

車中で快適に過ごすなら

リーズナブルな料金で長距離移動ができる夜行バスは、旅行や出張などで便利に使えます。ただし夜行バスは数々のバス会社が運航していますので、出発エリアと到着エリアが同じでも、料金は各社で異なります。同じバス会社でも、バスのグレードによって運賃が違いますので、色々比較した上でチケットを予約しましょう。格安路線では一般的な観光バスタイプが多く、その場合は大抵、通路を挟んで左右2人掛けずつの1列4席仕様になっています。境界線として肘掛けはありますが、基本的にベンチシートのため、もしも他人が真横に来るのに抵抗がある場合は、それぞれの席が離れている独立シートタイプのバスを選びましょう。費用は格安タイプより高くなりますが、そのぶん車中での快適性が向上します。最近は格安タイプでもトイレを完備しているバスは増えていますが、トイレが付いていない場合もあるかも知れません。そのバスではサービスエリアなど以外では用を足せませんから、心配な場合はトイレを完備しているバスを探しましょう。また、夜行バスは道路をひた走るため、必然的に走行音が常時鳴っています。そこで、音があると眠れないという方は、予め耳センなどを用意しておきましょう。もっとも、夜行バスの走行音は、快適な眠りへと誘う心地良いエッセンスという趣もありますから、実際はそれほど気にならないかも知れません。一方、シーズン中の人気路線は、予約が直ぐに埋まることも予想されますので、夜行バスの利用が決まりましたら、早めに予約を入れるように気を付けましょう。