気になる車内の設備

男女

トイレ付きの車両が大半

夜行バスには、トイレが付いているバスと付いていないバスがあります。トイレは車両の中央付近にあり、誰かが使用している場合は、使用中のランプが点滅するしくみです。トイレが付いていない夜行バスは、2時間から3時間の間隔で、高速のサービスエリアに停車します。いわゆるトイレ休憩です。トイレ休憩で車両を離れるときは、自分が載っている夜行バスの停車位置を覚えておきましょう。サービスエリアに何台も似たような大型バスが駐車してある場合、どのバスが自分の乗ってきたバスかわからなくなってしまうためです。ひと昔前までの夜行バスには、共用のテレビモニター、イヤホンジャック、毛布くらいしか設備がありませんでした。しかし、今では車内でスマートフォンを使用する乗客が増えたため、充電用のコンセントが各座席に設置されています。そのため、バッテリーの残量を気にすることなく、乗車中にスマートフォンが利用できるようになりました。また、無線LANや無料のwifiが利用できる夜行バスも確実に増えています。バス会社によっては、高速バス路線全線でwifi設備を導入した会社もあります。無料wifiが利用できる夜行バスは、通信量を気にすることなく動画の視聴ができるので、乗客から好評を博していて、今後も少しずつ増えることが予想されています。その他にアメニティーとして、スリッパやアイマスク、コの字型の空気枕などが各座席に用意されていることが多いです。ただし、毛布だけしかない夜行バスもあるので、事前に確認しておきましょう。